痛風が一気に来てしまった父

先月家の父が足の4箇所痛風になってしまいしばらく介助をしていました。私が学生の頃に1度だけ手のこうに痛風になって1日だけですが入院をし手術をして固まった所を削ってもらった事がありました。

それからは1年に2回ほど足の間接部分になるくらいで病院も通わずに過ごしていました。痛風になるくらいお酒の方も500のビールを5本も毎日の用に飲んでいました。

そりゃあ痛風にもなるわと家族側は思っていましたが気にしているよりは早く症状がおさまるのも特徴的でした。還暦を迎えてからしばらく痛風にもならずに過ごしていたのですがついこの前に4箇所も一気になってしまって歩けなくなってしまいました。

こればかりは大変だと思ったのかやっと歩けるようになってから病院へ行きました。先生は症状が始まってしまってはもう鎮痛剤しか出せないと言われてしまったそうです。こんどからはピリピリとした違和感を感じたときに来てくださいと言われたみたいです。

それからはお酒をあんなに飲んでいたのにピタリと辞めました。せっかく辞めたのですが3日前になり始めが分かったらしく急いで病院に行っていました。今度は尿酸値を下げる薬をもらってきたみたいで今飲んでいます。

加齢のせいなのか体質なのか気を付けているのに少しかわいそうになってしまいました。

詳しくはボンキュートの公式サイトへ